my little garden

趣味のトールペイントと日々の出来事を
気ままにつづっております。
のんびり更新中。

端午の節句BOX

もう暖かくなるのかな?と思うと寒くなったりと お洋服に悩む毎日です。

桜も今が盛り。 もうちらほらと葉が見えてきて、その花の命の短さと美しさを実感します。

今日は所用で霞が関におりましたが、日比谷公園の桜も素敵でした。

でも地元の桜並木のほうが壮観かな?

---

サンケイさんの端午の節句BOXを描いてみました。

作者さまは昨年のハロウィーンのBOXの作者さまと同じ方です。

とても熱心にオリジナルのキットを作っていらっしゃいます。

どれもこれもかわいいのですが、今回は箱の蓋部分のシルクスクリーンがとっても気に入りまして購入いたしました。

相変わらずドキドキしたけれど、大成功〜うふっ。

私にしては珍しい和柄なのですが、とっても品よく素敵な柄で、なにかほかにも使ってみたいかも・・・

作品の方は オリジナルから少し変えて、こいのぼりの竿の上部に金色のビーズを。 台座にトリミングしてちょっと引き締めてより蓋部分が目立つように。

でも球体にペイントは結構工夫がいりますね。

実は来月の越智先生のセミナー作品もたまご型素材なんですよ。

きっとあちこちコロコロしちゃうんだろうな〜と思いつつとっても楽しみな私です。

うちは男の子がいないけれど、妹の子が男の子ふたりなので、彼らを思いながら描きました。 

自分の子ではないけれどとってもかわいいんですよ。

もうすっかり大人なんですけれど、私としては小さいときと同じ感覚。 めっちゃ可愛がってます。

今月から次男も社会人になってしまったので、もうあまり会えなくなるのかな〜おばちゃん寂し~

トールペイント | - | -

The Rainy Season

越智千文先生のマンスリーセミナー作品はアジサイのデザイン。

「The Rainy Season」です。

時間内にほぼ終わりました。 このごろ絶好調の私です。

シェイドやアクセントはインストだけではなかなか伝わらないので、やはりセミナーはお勉強になります。

とにかく先生らしい優しい雰囲気の作品です。

これなら憂鬱な梅雨も楽しみです。

パールやストーンを貼って、より華やかに。 アイアンのスタンドにかけて写真を撮ってみたら、上手に撮れました。 こんなことって珍しいです。

トールペイント | - | -

卓上状差し

ゼラニウムのレターケース、完成しました。

状差しは引越しの時に処分したのですが、やはりあると便利なので、壁掛けをやめて卓上にすることにしました。

ちょうどサンケイさんに素材がありましたので、ゼラニウムのデザインをペイントしてみました。

 

越智先生のセミナーで傘立てのデザインとして教えていただきましたときは素材自体にシャビーシックなベースがもう施されていましたので、デザインをペイントするのみでしたが、今回は全くの白木でしたので、少し悩みました。

卓上なので台の色味に合わせて、茶色のウォッシュで・・・少々お地味・・・

なのでシャビーな地もちらっと見せてペイントしてみました。

(越智千文先生デザインアレンジ)

とても落ち着いた感じに仕上がりました。

 

サイドはいま一番好きなツールのシルクスクリーンをしてみました。

あとからやったほうのシルクスクリーンのほうがきれいにはっきりできたのですが、ほんとはかすれた感じにしたかったの・・・

成功が失敗風味という結果になりましたが、同時に見れないので、これで良いでしょうか・・・

シルクスクリーンもレジンと同じでめくってみるまで分からないのでドキドキします。

サンケイさんでたくさんの種類が出ていますので、これからも楽しみです。

おすすめのきれいにできるメディウムを使用しましたが、きれいにできすぎたのが今回の反省・・・かすれた感じもシャビーっぽいかな〜とわがままに思ってしまったのでした・・・

トールペイント | - | -

ペン立て

頼んでいた本棚がやっと来ました。

計算によると段ボールのものが全部おさまるはず・・・でしたが雑貨みたいなものも入っていたのでその分ちょっぴり入りませんでした。

あとで整理する分として積み残し・・・あとっていつ?な感じですが。

これでようやく落ち着いたかな?

もうすぐで転居してからひと月になります。 何事もなかったように家族みんな、自然に暮らしてるのが不思議ですが。

 

---

 

夫に頼まれていたペンケースにペイントしてみました。

越智千文先生の著作本「ひかりで綴るちいさな詩」から ずっとペイントしてみたかったデザインを迷わずチョイスしました。

「レースのペン立て」。

素材はペンケースという品名ではありませんでしたが、仕切りがあってちょうどよい感じです。

掲載されてたメモホルダーもと思ってますが、素材がちょっと見当たらないので、少し探してみます。

 

---

 

同じく越智先生著作本の表紙デザインで旧宅の玄関を飾っていたうちのシンボルでした、おおきなプラーク。

こちらは怪我しそうなので床置きに。

今回は高級そうな石の玄関のたたきに何かあっては大変なので、部屋へ入ってすぐ正面の一番目立つところに。

これはこれでよしです。

ルンバのルンちゃんと闘いそうなので、お掃除のときは移動しますが・・・

実はアイアンでクラシックなリーススタンドを購入したのですが、これにかけると大きなドラみたいになって、面白くなってしまいまして・・・こちらに落ち着きました次第です。

掛けても置いてもお気に入りには違いはありませんもの。

 

 

トールペイント | - | -

ホワイトフラワーのウェルカムプレート

3月の越智千文先生マンスリーセミナーは「ホワイトフラワーのウェルカムプレート」でした。

引越しのバタバタの中で受講しましたが、なんとか完成です。

 

wの部分に螺鈿を貼っております。 とても上品な色合いのプレートになりました。

アマリリスとユーチャリス。 ユーチャリスはウェディングブーケに使われるそうです。 ネットで実物を検索いたしましたが、少し変わった形をしたお花でした。 とても肉厚できれいな色の白い花びらです。

ひとつ仕上げられて、ほっとしております。

住環境がずいぶんと変わりましたけれど、ペイントをすることは変わらず続けられそうです。

トールペイント | - | -

クリスマスローズのティンバケツ

転居を前にして、さすがに超忙しい日々を送っております。

粗大ごみ出したりしてましたけれど、少しひと段落。

いまよりもずいぶんと広いところに行きますので、もうこうなったらゴミも一緒に引っ越すことに・・・って考えたら超気楽になりまして。

やりかけのペイントに没頭して、頭がすっきり。

 

「クリスマスローズのティンバケツ」(越智千文先生。ペイントクラフトデザインズvol.12)仕上げました。

どう?素敵?

取っ手のところの木のパーツは とっておいて・・・なんちゃて。 おうちのことが落ち着いたら何とかしようと思っています。

小物入れとかにぜひ使ってみたいと思います。

 

で、明日、段ボールが来ますので、そろそろ梱包モードに入ります。 前回、夫の実家から今の家に来たときは梱包から荷ほどきまですべてお任せのパックでしたので、まったく引越しの記憶がありません。

子どもたちも小さかったので、フルパックにして、私は指示するだけだった・・・

今回は前日に二人ほどお手伝いを頼みましたけれど、どうなるのでしょうか。 超心配です〜

 

トールペイント | - | -

扉の・・・

先月お休みしちゃったセミナー作品、「扉のウェディングボード」。私はウエルカムにしてみましたが、無事完成いたしました。

フレーズどうしようかしら?って散々悩んだ割には、簡単なウエルカム・・・

実はうちの娘たちは全く縁遠い感じなので、今からウエディングもなあ〜とか、思ってました。 ほんとは今から描いておいても良いんですが、お蔵入りしそうだしね。

で、甥っ子が今年くらいに結婚するかもなんですが、あんまり先走ってもね〜とか。 もし決まってお式とかになったら描いてあげたいかもとは思っていて、それはその時で良いか〜とか。(おむつとか替えたかわいい甥っ子なので、それはそれで感慨深く、考えただけで涙出そうですが)

結果的にウエルカム・・・ちゃんちゃん。

教えていただいた取っ手もつけてみました。「こんにちわ〜」って感じで開けたり閉めたりが超楽しいです。(子どもか?)

 

 

トールペイント | - | -

可愛いピンクのキャニスター

越智先生のセミナー中にちょこっとアドバイスをいただいたりして、完成しました。いちごとさくらんぼのキャニスターのピンクバージョン。

何入れようかな〜と。

 

・・・で。 お引越し決まりそうです。

トントン拍子に進んで怖いくらい。

なにせ物件探し始めたのが半月前だもの。

来年くらい・・・なんて思っていたのが早まりました。 昨年くらいから一応意識して片付けしてたのですが、一気に進みましたので身の回りの整理も加速しそうです。

とにかく不用品の処分とか雑務が多くて・・・

ちょこっとトールペイントが癒しになっております。

トールペイント | - | -

イースターエッグフレーム

銀座サンケイセミナーに行ってまいりました。

前回は病に倒れ、痛恨のお休み・・・でも前回分をがっつり描いていって、先生に見ていただき、合格いただきました〜

ほっ。

あとは窓を仕上げて〜なので、その前に・・・

 

今回の「イースターエッグフレーム」がセミナー時間内に仕上がりました。

越智先生のすみれのデザインはいろいろあって、どれも大好きなので、小物に描いていつも楽しんでいます。

今回のも清楚な感じでアレンジ無限大です。

月曜日にサンケイにお買い物に行ったついでに 生作品をガン見しておいたのが功を奏したのか、びっくりの速さで仕上げました。

あ、でも今までで一番良い出来(私的にですが)になったかも、とゴキゲンでございます。

少し寝込んでいた反動のせいか、力が有り余っております。

さ〜次行こう〜

トールペイント | - | -

果実のキャニスターを

やっと風邪が抜けきった感じです。

インフルエンザではなくどうやら扁桃腺のようです。

小さいときは扁桃腺でずいぶん病弱でしたが大人になってから熱なんか出したこともなく、安心しておりましたが、ここ2.3年、熱を出しやすくなったのはこれのせいみたい・・・ちょっとやだなあ〜

 

すごく昔にセミナーで習ったデザインを描いています。

素材はずいぶんと昔に買っておいたのですが、着手したらあっという間にできそうです。

セミナー直後に完成させた色違いのアイアン・・・ずいぶん経過したのでペイント部分がちょっとひび割れてきちゃいました。

けどお気に入り。毎日眺めております。

今回は先生のサンプルを参考に。

サークル部分をふちいっぱいに描いたのがセミナー作品とは少し違っていてこのバランスがとても好き。

一時間くらいでできそう・・・

あとはブルーのキャニスターのタグが汚れて取れてしまったので木を切ってまた作成しました。

小さなタグをなたで切るのは結構難しいんです。  きこきこと頑張って切りました。

それにしても、なたって・・・原始的ですね。

 

---

 

先日草薙君のドラマを見てたら、復讐相手の刑事さんのおうちに古屋加江子先生のトール作品がいっぱい飾ってあってびっくりしちゃった。 どういう設定なんだろう?

それにしてもたくさんの作品がちらちらドラマの背景に映りこんでちょっと楽しくなっちゃった。

トールペイントも少しマイナー趣味になったけれど、こういうのがあるとやはりうれしいです。 画面にくぎ付け? どなたかお気付きになった方、いらっしゃいますかしら・・・うふ。

トールペイント | - | -