my little garden

趣味のトールペイントと日々の出来事を
気ままにつづっております。
のんびり更新中。

果実のキャニスターを

やっと風邪が抜けきった感じです。

インフルエンザではなくどうやら扁桃腺のようです。

小さいときは扁桃腺でずいぶん病弱でしたが大人になってから熱なんか出したこともなく、安心しておりましたが、ここ2.3年、熱を出しやすくなったのはこれのせいみたい・・・ちょっとやだなあ〜

 

すごく昔にセミナーで習ったデザインを描いています。

素材はずいぶんと昔に買っておいたのですが、着手したらあっという間にできそうです。

セミナー直後に完成させた色違いのアイアン・・・ずいぶん経過したのでペイント部分がちょっとひび割れてきちゃいました。

けどお気に入り。毎日眺めております。

今回は先生のサンプルを参考に。

サークル部分をふちいっぱいに描いたのがセミナー作品とは少し違っていてこのバランスがとても好き。

一時間くらいでできそう・・・

あとはブルーのキャニスターのタグが汚れて取れてしまったので木を切ってまた作成しました。

小さなタグをなたで切るのは結構難しいんです。  きこきこと頑張って切りました。

それにしても、なたって・・・原始的ですね。

 

---

 

先日草薙君のドラマを見てたら、復讐相手の刑事さんのおうちに古屋加江子先生のトール作品がいっぱい飾ってあってびっくりしちゃった。 どういう設定なんだろう?

それにしてもたくさんの作品がちらちらドラマの背景に映りこんでちょっと楽しくなっちゃった。

トールペイントも少しマイナー趣味になったけれど、こういうのがあるとやはりうれしいです。 画面にくぎ付け? どなたかお気付きになった方、いらっしゃいますかしら・・・うふ。

トールペイント | - | -

スノークリスタルのオーナメント

越智千文先生の「スノークリスタルのオーナメント」。

ペイントクラフト64に掲載でした。

 

古いペンクラは全部処分しちゃったから、何号掲載だったか調べるの結構大変。(出版社のお約束では記載しなくちゃいけないんだけど)

 

スワロのラインストーンとスノーテックスにグラマーダストで華やかになりました。

最初はキラキラしなくても結構かわいいじゃん、なんて思ってましたが、スノークリスタルだもん、やはり華やかにしなくっちゃ。

裏面はモノトーン。 こちらはこちらで素敵なんですよ。

 

 

家族がみんな忘年会とかでいない週末。 もうちょっと普段手の届かないところのお掃除でもしましょうか。

トールペイント | - | -

招福十二支

先週受講した越智千文先生のマンスリーセミナー作品「招福十二支」が完成しました。

これでお正月の準備はばっちりですね。

十二支だから一年中飾っても?

表も裏側もペイントしましたけれど、微妙に顔が違うかも。

一度に見ることができないのでこれはこれでOKです。

 

越智先生が本年度の主役用お座布団を作ってくださいました。

手縫いなんです。

生徒ひとりひとりに縫ってくださって・・・なかなかできないことでございます。

感激しちゃった。

 

招福十二支

お見本通りにすると台を黒ベースに塗るのですが、私はもともとの台の色を生かす感じにしました。

で、考えていたのはもうせん風に赤フェルト(なぜか家にあった)を使ってのディスプレイ。

なかなか良い感じです。

 

 

トールペイント | - | -

酉の茶箱〜紅白揃え〜

先月に引き続き、高畑久美子先生のトール・デ・カフェ(銀座サンケイ)に参加してきました。

(あ。越智先生の干支は残すところトラちゃんだけ。縞々を太くしている最中です・・・)

先月からの2回目って方も何人かいらっしゃって、人気講座のようです。

 

「酉の茶箱〜紅白揃え〜」

ちょっぴりペイントしてからの雑貨作りなのですが、グルーまみれで言葉数も少なめに私、真剣勝負でございました。

それでもなんとか時間ピッタリに完成して、ほっとしました。

 

とにかく高畑先生の色々な小物使いが秀逸でございまして、机の上にきれいにお材料が並べられていて(写真左上)、最初からテンション上がりっぱなし。

なんかとても高級なお弁当をいただく感じでこざいます。

小さなカードの裏面には作り方の手順が縦書きのお品書き風に印刷してあったりして、先生こだわりの数々を楽しめます。

 

最後はトレーシングペーパーでラッピングの仕方も教えていただきまして、いろいろとお勉強になりました。(写真左下)

ちなみに完成した作品を先生が撮影してくださるのですが、自分のスマフォの分も先生にシャッターを押していただき、写真の撮り方もレクチャーうけました。 

ほら、いつも私のピンボケじゃん・・・撮っていただいたのはさすがに綺麗ですよね〜

 

下敷き代わりのペーパーさえも素敵だったので持って帰りました。

ああセンスの良い人になりたいです・・・

 

---

 

さて、本日は我が家に娘の友人たちが泊まりに来ます。

もう片付けにも限界が・・・小さい部屋にとにかくガラクタを放りこみ、なんとかやり過ごすつもりでございます。

大丈夫かいな。

トールペイント | - | -

着せ替えかごエプロン

月、火曜日と資源ごみ回収、粗大ごみ回収があって、ずいぶん気持ち的にすっきりしました。

年末になるとどちらも混みあいますので、良いタイミングで出せた感じです。

 

---

 

さてさて。

こちらを描きました。

デザインは越智千文先生の懐かしい作品、「桜とチェリーのかごエプロン」です。

結構前のペイントクラフトに掲載されていたデザインです。(古すぎて何号か忘れちゃいました。掲載誌本体は処分済み〜)

掲載作品はリネン地でしたが、私は手持ちの白い布で作りました。

 

実はセミナー作品でネモフィラのかごエプロンを習いましたが、かごベースはそちらの素材を使ってます。

ネモフィラのカバーは洗ってはいたものの、時がたつにつれレースがほつれちゃったり少し黄ばんできたのが気になってました。

もちろんセミナー作品は大切なものなので、今回作ったのは洗い替え用ってことです。

でも以前から描きたかった桜&チェリーのデザインでしたので、さくさく〜っと仕上げました。

 

セミナー作品をペイントしたころはソーソフトも初心者でしたし、なんだか一生懸命でした。

はっきり、くっきり、って感じ。

今は少し力を抜いて、ちょうどいい感じで楽しくペイントできるようになりました。

グラスボウルのほうはデザインが発表されてすぐに描いたものですが、やっとお揃いができましたわ〜 うれしい〜

 

トールペイント | - | -

デコナップコースター

かわいい〜ってだけでなんとなく買っておいたペーパーナプキンですが、可愛すぎて使いようがなかったデザインでした。

でもやっと、可愛い系コースターに仕立てました。

簡単なの、とっても。

テレビ見ながらできちゃいます。

 

デコナップ コースター

 

今度娘のお友だちたちが うちに泊まりに来て女子会をするそうなのでその時にでも使ってもらおう・・・

いつもはホワイトにするベースをピンクにしたらとっても新鮮。

でもちょっと待て。 グラスを置いたら、ケーキの絵が見えないぞ〜〜はは。

で、周りに筆で白いラインを入れてみたけど、目立たないわ〜

 

わざわざショップに買いに行かなくても、この手のかわいいペーパーは近所のクイーンズに売ってました。

お手軽クラフト・・・流行るわけですね。

トールペイント | - | -

カレンダーボード

この時期にペイントしてるのは サンケイから出ているカレンダーボード。

デザインのインストも入っているのでデザインパケットみたいな感じのカレンダー。

デザインブック代わりのカレンダーはちゃんとカレンダーとして機能するのですが、きれいすぎてもったいなくて使ってないんですが。 各先生の素敵なトールペイント作品にうっとりです。

季節にこだわらず、この時期にペイントするのが私流。

 

今年も師匠、越智千文先生のデザインが入っておりましたので、うれしかったです。

8月のデザイン「Summer Bouquet」。

 

今はもう冬になりつつありますが、そんなことはお構いなし・・・

さすがにさわやかで夏っぽいですが、ね。

 

今までのは・・・

木の実の秋。  こちらものちに開催されたセミナーより早く描いた、すぐやる派。

バラの数々。

レース模様が手書き。 大変だった分とってもお気に入り。

にもかかわらず、あれ?インストどうした?→現在捜索中。

(ともに越智千文先生デザイン)

こちら2つは中板だけ替えたものなんですが、今回はフレーム部分の色が欲しかったので、新しくフレームごと素材を入手しました。

時間はかかるけれど、地道にコツコツ仕上げる感じが何気に好きです。

 

お花の部分の板パーツは ガリガリと自分で切って自作しました。 

だからこそ特別感があるような。

 

フレームの大きさはありますが、割と軽量なボードなので落下の心配はないんですよ。

トールペイント | - | -

かわいいサンタさん

めずらしく土曜日に銀座サンケイへ行ってきました。

開催中の作品展もそこそこにトール・デ・カフェ 「プチサンタさんのスノードーム」(高畑久美子先生)を受講してきました。

 

トールペイントというより、素敵な雑貨作りという感じ。

 

少し前からサンケイのレジ横に同じ先生の端午の節句のドームが置いてありまして、気に入って伺いましたところ、クリスマスのでセミナーありますよ〜って。

とても人気があった講座で、即満席になったようで、お席を増やしてたくさんの方がいらっしゃいました。

 

小さなパーツひとつひとつの選び方に高畑先生のセンスが光ります。 

直径10センチに満たない独自の小さな世界・・・可愛くて魅力的です。

素材をまとめてくださった小さな袋さえ可愛かったです。

プチサンタのスノードーム

ほぼフリーハンドな感じでお顔を作りますので、ひとそれぞれ。

私のはトナカイちゃんはかわいくできたんだけど、サンタさんの付けひげ感は否めない・・・(最初はどろぼうみたいだった・・・)

まあそれはそれでご愛敬。

クリスマスまで少し時間がありますが、テレビ横の小さなスペースにもう飾りました。 うふふ。

 

で、ランチはプティオザミへ。

先週、ちゃっかり一緒にセミナーを受講するお友だちと予約しておきました。

落ち着いた店内でゆっくりお食事いたしました。

少し優雅な土曜日を過ごせた感じです。(いつもぐーたら過ごしてますから)

 

でも私のような中高年にはちょっとお料理の量が多かった?? 

少し胃もたれ・・・

私、ぽっちゃりしてるけど、そんなにおなかに入らないのよ〜実は。

 

トールペイント | - | -

Christmas Memories

ひと足早くクリスマスデザインのトール作品。

11月の越智千文先生銀座サンケイトールペイントセミナーで描きました。

 

見本素材が入手できないので、違う素材にペイントしましたが、これが結構ぴったりこでとっても良かったです。

クリスマスメモリーズ トールペイント

素材のはしっこのグラデーションも好みな感じにできました。

再生したスノーテックスもせっかくなのでがっつり盛りましたよ〜

反射して見えないけどラインストーンとかラメとかパール、螺鈿とか・・・お部屋に飾るとキラキラして綺麗。

 

このごろ作業がサクサク進んで、超気持ちイイです。ハート

娘たちが成人したせいでしょうか? 没頭する時間が増えたんでしょうね、きっと。

トールペイントも少々世間ではマイナー趣味になりつつありますが、やっぱり面白いですよ〜

トールペイント | - | -

カード入れ

ここ数日はトールペイントしてました。

 

レジンとかと違って時間と手間が若干かかるのがトールペイントの良いところ(あえて言いますけど、良いところ、です)。

 

 

先日、別板で練習したデザインをカードケースにペイントしてみました。

元は越智千文先生がペイントクラフトでシャビーなウエルカムボードに仕立ててあったデザインですが、それは別の小物入れに描きましたので、今度は背景を少し変えてアレンジしてみました。

トールペイント カード入れ

小さな素材をチョイスしましたがベース部分の色味がいまいちで、塗りつぶしたり、塗ったり・・・

結局最初に真ん中のデザインを描いてから、シルクスクリーンでレース模様を加えてみましたら、なんだか豪華になりました。

 

シルクスクリーン、最初はこわごわ使ってましたが、近頃は手軽に使っています。

レースペーパーよりも使いやすいんです。

 

トールペイント | - | -