my little garden

趣味のトールペイントと日々の出来事を
気ままにつづっております。
のんびり更新中。

小さい香水瓶

ジュリアンさんの素材の小さな香水瓶にペイントしてみました。

ペイントフレンドで素材を知ってすぐに注文したのですが、箱にしまったままでした。 

ビーズ屋さんでガラスのドームにフラワーとかビーズ、レジンを入れて・・・というのはやりましたけれど、こちらは平面があるのでペイントできます。 が、小さいので限られたスペースで勝負です。

赤いバラをレジンに封じ込めてみました。 少しだけラメも入れました。

一応ペンダントトップなんですけれど、割れないかしら、心配。

あともう一つ、形が違うのも買っておきました。 香水瓶は種類がたくさんすぎて選ぶの大変でしたけれど、こうやっておいて並べて飾るのも可愛いかも、ですね。 首からぶら下げるより素敵かも?とか思っちゃったりして。

 

ジュリアンは2年くらい買わないとメンバー登録抹消なので、時たま思い出したように通販利用しております。 サンケイでも取り寄せられるのですけれど、ね。

 

トールペイント | - | -

巻頭

ペイントクラフトデザインズが季刊発行になってから特集されている巻頭の川島詠子先生の「トールペイント入門<ノート>」を毎回チャレンジしています。 今回で4回目ですって。

簡単? いやいや〜普段アンギュラーも使わないし、ダブルロードもしないし、なので刺激になります。

デザインも控えめで小品なので素材もほとんど家にあるもので代用できるから好き。

 

今回はダイソーのプラスチックのトレイにペイントしてみました。

 

シルクスクリーンは持っていました。 

そう言えばあまりトール本買ってないなあ・・・

近頃は本当に自分でペイントして飾ったり使ったりできそうなデザインブックしか買わなくなっちゃいましたねえ。 買わなくなったってことは自分の好きなデザインがはやっていないってことでしょうか。 気に入るとしつこく何個も描くんですけど・・・

トールペイント | - | -

カンパニュラのオープンフレーム

今月の越智千文先生のマンスリーセミナー作品「カンパニュラのオープントレイ」が完成しました。

もともとのトレイ素材に直接描かずに、別布にペイントしたものを敷いて使用するので、別のものに取り換えたりもできるし、褪せたら描きなおしてもいいし、このアイデアはうれしいです。

だって布物は埃を吸うし、汚れやすいから・・・とはいっても、私は使うときはビニールに密閉したまま使うから大丈夫。

無粋とは思いますが、これが一番安心なのだ。

爽やかなブルーです。

この上に何かを置くの、まだ抵抗ありますよね〜〜

トールペイント | - | -

なぜか

今日は越智千文先生のマンスリーセミナーでした。

「カンパニュラのオープンフレーム」がセミナー作品です。

 

いつものように宿題をぺぺっと終わらせて、真っ白状態で行ったのですけれど・・・午前中でほぼほぼ描き終わりました??

あれ? なにか抜かしてる? ときょろきょろしてみましたけど、なんだかぱっと見出来上がりかな?な状態です。

他の皆さんは?と挙動不審に見まわしたんですけど、やっぱりみんな描いてる?

こんなこと、この10年で初めてかも。

きっと使用した色が少なかったから描きやすかったのかもしれません。

調子に乗って、お昼休みに素材を買いに行って・・・それも描いちゃったです。

 

で、なぜかセミナー作品はまだかわいいレースとか付けていないので載せられないという・・・

だってぇ夜作業すると絶対変になるもん。

だからおまけを先にお披露目させてください。

 

サンケイのこのポーチはバッグの中でかさばらなくてよさそうですよ。

私的には白もしくはアイボリーのポーチ希望なのですが、サンケイの素材は黒ばかりでした。

黒のほうが需要があるのだそうで。

その代わり黒のほうがラメが目立つ、と言う事がはっきりわかりました。

あ、ちなみにつる部分とつぼみは越智先生にちゃちゃっと描いていただいちゃったデス。

「せんせい、ここにつるを描きたしたいです」

「はい」とさらさら〜

「わあ素敵」

「ここにつぼみがあるといいかな?」と先生。

「わあ素敵」

そんなやり取りをしながら、こちらもちゃっかりチェックしていただきました。

肝心のセミナー作品を明日は真面目に仕上げます。

 

布ペイントは楽しいなって改めて思いました。 で、このモチーフ、増殖するかも、な予感です。

トールペイント | - | -

Flowerpot

ペイントクラフトデザインズから「ネモフィラ&オキザリスのFlowerpot」をペイントしてみました。

デザインは越智千文先生です。

先生に先日セミナーでうかがったら、とってもかわいいからぜひ描いてみて、と言う事で、素材はさっさと用意したのですが、のろのろペースでお恥ずかしい・・・

でも、描き始めればとっても早くてお勧めです。

いま描きあがったところなので、何も入っておりませんが、せっかくフラワーポットなので、絶対使うつもり。

何飾ろうかな?と考えているだけで楽しいです。

見本の通りに麻ひもを結んで飾って・・・多肉植物でもいいかな? 並べてちょこっと玄関に並べたら可愛いかも?

ただのガラスの瓶が陶器風になってなんだかほんわかした感じになりました。

近いうちにちゃんと飾ったところを写真に納められたらな、と思っています。

トールペイント | - | -

ラベンダーガーデン

ブログ、すっごい放置・・・

拙いトール作品を細々でも記録したくてしているブログなんですが、その肝心なのが滞りまして。

素材がない、絵の具がない、リボンがないぞ〜のないないで、のろまなペースになっちゃいました。

 

で、ペイントクラフトデザインズ15からいくつかペイントしたいのをピックアップしておいたのをのらりくらりとやってました。

松井京子さんの「Lavender Garden」です。

ペイントの上から刺繍をしております。 刺繍なんて何十年ぶりでしょう。 なんとかステッチ、なんとかってなに?

ネットで調べちゃいました。

ボーダーのところの枠はバックステッチ。 ラベンダーの花のいくつかの房も刺繍しています。 

右上のクイーンアンズレースはフレンチノット・・・これが思いのほか手間取った・・・

蜂さんのはねはリボン刺繍。 これが可愛いです。

一応夏の風景なので、季節的にはこれから飾れそうです。

刺繍のフープを枠に使うのはちょっとしたいいアイデアですね。 挟む布を替えれば無限大・・・

飾るときはリボンをつけてみたいと思います。

ここ数年雑誌などで、あ、かわいい、素敵、と思う作品を描かれる作家さんです。 またほかのデザインにも挑戦したいと思います。

トールペイント | - | -

アメニティボックス

水曜日に受講した越智千文先生のマンスリーセミナー「小花のアメニティBOX」が完成しました。

ただいまニスを乾かし中です。

可愛いからほかにも何個か作ろうかな? プレゼントにしたら素敵かも。

小花だから時間もかからないし・・・なんてちょっと思いました。

私は何に使おうかな?と考え中。 白ベースだから白い鏡台に合うかもしれないです。

難しかったのは図案を囲むラインでした。 私のはちょっとよろよろです。

つまみの大きさもばっちりでした。

トールペイント | - | -

フレーム 端午の節句

今週はサンケイでの越智千文先生のマンスリーでした。

フレームシリーズは何といっても飾りやすい。 そしてトレースのみの参加で時間内に仕上がるというコスパ優秀な作品で、とても気に入っています。

部屋に溶け込むデザインです。 

女子ばかりの家庭なので、端午の節句は何もすることがありません。 あー連休、ってな具合ですが、今年からはこれが飾れるから少しテンション上がりそうです。

 

---

 

自堕落な大学生の娘が社会人になり、始業時間が早いので超早起きになりました。 彼女の部屋をルンバが暴れまくっており、綺麗になりました。

まだ緊張しているようですが、職場環境は良さそうなので親子で安心しています。

通勤時間も長女と同じでドアトゥドアで30分。 駅まで歩いたりしても1時間はかからないので満員電車も苦じゃない距離だし、まあまあの滑り出しです。

実家の両親のこともあって引っ越ししましたが、娘たちの通勤時間も一応考えての転居でしたので想定内ではありますが、私が娘時代は家が遠かったので、電車に座れるとか座れないとかの問題ではなく、やはり通勤時間がもったいなかったなあと今更ながら後悔する今日この頃です。

トールペイント | - | -

フレーム・Gardening

越智千文先生の銀座サンケイセミナー、「Gardening」完成しました。 布ペイント、ずいぶん慣れました。 最初のころはほんとにドキドキでしたけれどこの頃はベース塗りがない分気軽にできて、大好きです。

このフレーム、一重のバラのデザインが超お気に入りです。 何か他にも描きたいかも、です。

 

天候が不安定ですが、春はもうすぐですね。 私の住んでいるところはとにかく桜並木が素晴らしくて、いまから楽しみにしています。 去年は引っ越ししたばかりでゆっくり楽しめませんでしたが、今年はたくさん写真を撮りたいです。 

来月から、いえ正確には今月末から次女も社会人。 ようやく私の楽しい時間がたくさんできそうです。 それで今からルンルンしております。 わーい。

トールペイント | - | -

お茶缶

久しぶりに井川恵美先生のデザインを描いてみました。

昨年末のイベントで購入したアンジュデザインテキスト「Tea Break」です。 井川先生らしいふわっとした色味とデザインです。 絵もなんですが、この素材に惹かれて買いました。

ボックスの中は赤い紙で仕切りがあって、茶筒を収めると贈答品みたいになるのですが、うーん、この箱、そう意味では普段使いじゃない感じです。 でも並べるとやはり素敵。

缶自体は描きやすい素材でした。 蓋は開けずらいけど・・・

トールペイント | - | -